思い出を共有しやすいフォトブック

###Site Name###

今は写真がとても身近な存在になったと言えます。昔は写真はネガフィルムのカメラで撮影し、現像してアルバムにしていたので、見たい時に手に取ってすぐに思い出を思い起こすことができました。
しかし、最近はデジタルが主流の時代なので、データとして保管していることが多く、なかなか写真を見返すという機会がありません。


しかし写真の存在意義を考えると、それでは少々持っていない気がします。

そこでそんなもったいなさを解消してくれるのが、フォトブックなのです。

朝日新聞デジタルの情報をまとめました。

フォトブックは、データを掘り起こして一冊のアルバムにまとめてくれるサービスです。例えば家族旅行の後に、旅行で撮影した写真をそのままデータとして保管するのではなく、このフォトブックにまとめることで、いつでも家族がこのアルバムを手に取って見ることができます。

つまり、思い出の共有がしやすいのです。
家族旅行に限らす、例えば会社のイベントでバーベキュー大会をしたとして、その時の様子を撮影した写真をアルバムにして会社の片隅に置いておくことで、同僚の誰もが当時の思い出をすぐに思い返すことができます。
このような思い出の写真を更に再編集して、退社や異動のときにサプライズでプレゼントすることにも利用できます。
思い出の共有は、とても素晴らしいことです。

フォトブック情報を簡単に調べられます。

また夫婦喧嘩をしたときに、二人の思い出や子供の成長記録などをまとめたフォトブックを見たならば、それが仲直りのきっかけになるかも知れません。

このようにフォトブックは、さまざまなシーンで役に立つことでしょう。